2010年04月05日

上海旅行記3

3月21日より23日まで、長男の男二人で旅した上海の思い出です。

20100405.jpg

21日は夜、22日は朝と夜に端から端まであるいた「南京東路」。

長男にとっては、中国の人達の勢いを感じたシーンの一つではないかと思います。

上海の地元の人というより、観光客が沢山歩いていて、歩いていると、「時計、バッグ、要らない?」ってやたらと話しかけられ、万博のキャラクターぬいぐるみを売ろうとおばちゃんやおじちゃんがしつこく付いて来る。

21日の夜は、食事をしに行った後、タクシーを南京東路の端にで降り、ホテルのある外灘側に向ってのんびりと歩きました。

途中で、日本人観光客も多い、足裏マッサージに立ち寄って、ちょっと偏平足で疲れやすい長男の足をいた〜くマッサージしてもらいました。もちろん、私もいた〜い、きもちいい〜感じで。
すごく足が軽くなったと長男。

22日の朝は、ホテルを出て、南京東路を歩き、第一食品というスーパーのフードコートで、「生煎」という、焼き小籠包で朝ごはん。

20100405_2.jpg

中から熱々のスープがあふれてくるようで、ものすごく美味しかった。

20100405_3.jpg

でも、第一食品の小吃広場(イートイン)での注文の仕方は少しとまどった。各店舗の前で頼むのではなく、レジのところで注文したいものを言ってお金を払うとレシートをもらって、そのレシートを店舗に持っていく。
で、日本語も英語も通じない。メニューが指差せるとは言っても、壁に貼ってあるので、レジのおばちゃんを後ろ向きになってもらって、これと、これって指差し。高い所に書いてあるメニューは大変。

結構、二人でテーマパークに居る気分で楽しんでしまった。

食を通しても、今回は日本語の通じない世界でのワクワク感を経験できたかと思います。
posted by Lucky Penny at 21:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

USBメモリと・・・

次男が、友達といろいろなPCデータ交換のためにUSBメモリ必要ということで、量販店で価格を見てきました。

そして、ネットで調べて、以下の親父の勝手なこだわりで購入。
・キャップ式ではないのが良い
・容量は、次男の用途を聞いた感じでは4GBで十分
・セキュリティ機能も欲しいとこだがまあ、普通で良いだろう



SunDiskっていう品質的にも安定しているブランドの品が、結構安いお値段で、しかも送料格安。




そして同じ店で、PSP用のメモリースティックも購入。
これは長男用。でも、4GB以上になるとPSPのシステムウェアがVer.2.8以上で無いといけないらしいが、彼はバージョンアップできるのか?
まあ、オンラインでつなげばいいのでしょうが・・・

また、嫁さんに余計な買い物して・・って言われるなあ。
これらは、彼らのお小遣いから支払ってもらおっと。
posted by Lucky Penny at 22:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

上海旅行記2

3月31日より23日まで、長男と二人での上海旅行の思い出記録です。

只今工事中・・・という状況が、いたるところで見られた上海。

20100403.jpg

高層ビルもどんどんできてます。

20100403_2.jpg

そして、上海万博のパビリオンも。
あ、写真では見難いかな?奥の方に見えるやつです。

日本が活力を失っている時に、どうしてここはこんなに勢いがあるんだろうと、考えてしまったりも。

商売の意識、世界に勝負していく意識の強さと、気取らずにガツガツと進めていく遠慮なさを感じました。

長男も、街が成長し、経済が成長するということを少し感じ取れたようでした。街中で工事している労働者の方々が、埃まみれになった姿でも、すごく活き活きしてた。
まあ、富裕層とは全く違う低賃金層なのでしょうが、少なからず仕事があり、人が不足しているという事実。

中国の強さが、アジアの強さとなってるのが現実なのか・・・
posted by Lucky Penny at 22:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

上海旅行記1

長男と男二人での上海旅行記(1)。

3月21日(日)
日本は強風の一日でした。

早朝のリムジンバスで羽田空港に着くと、国内線は「欠航」の表示が目立ち・・・あ〜、国際線もやばいかなと国際線ターミナルに急ぐと、欠航無く運行するとのことで一安心。

そう、成田からではなく、羽田から虹橋行きのJAL便にしました。

羽田にも早く着いていたので、長男と二人でゆっくりと朝ご飯を食べながら・・・ダメ親父は早速ビールを。

機材準備の関係で少し出発は遅れましたが、フライトは少し揺れたが快適でした。もちろん、機内でも、ダメ親父はビールを。

虹橋空港は、こじんまりした空港でした。
ターミナルビルを出て、タクシーでホテルへ。

ホテルは外灘(ワイタン)近くのホテルを楽天トラベルで予約してました。ツインの二泊で1万円程度。部屋は中の下位ですが、寝るだけですので、場所とフロントが英語通じるのを考えるととてもリーズナブルでした。

ホテルに荷物を置いて、早速観光に出発。

ホテルから歩いて2分程度で外灘。今回の旅行で感じたのは、どこもかしこも工事してるってこと。5月に上海万博あるので、その勢いかな。

20100401.jpg

外灘の景色は、イギリス租界だったころの風情がありますね。

浦東側に渡り、テレビ塔等に上って・・・景色をのんびりと楽しみました。

夜は、北京ダックを食べ、足裏マッサージに。

20100402.jpg

足裏マッサージで足が軽くなった親子で、ぶらぶらと南京東路を歩いて、ホテルに帰って来たときには22時頃でした。

長男と高校に入った時にチャレンジしたいことはなんだ?とか、話をのんびりとしながらベッドに横になっていたら、いつの間にか寝ていました。

長男も、小さい頃に海外に住んだり、旅行に行ったことはあるのですが、彼が記憶として海外旅行として残る初めての旅行になります。

入国審査で、もう大人に見えるので一人で審査官の前で入国審査を受けるドキドキ感。タクシーに乗った時に、ちゃんと着くのかという不安。そして、空気や音が違う環境。

一日目・・・ダメ親父が英語でしゃべって通じていることのにも少し感動してもらえたようです。
posted by Lucky Penny at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

大阪出張

先週、上海旅行から帰国し、翌々日から大阪に出張してました。
出張は年に1回も無い仕事をしてるのですが、丁度、業者作業が入ったので、その監督として環境を見に行ってきました。

ということで、自分が作業等で負う責務はないのですが、しっかりと統制を意識しての監査的確認ということで・・・口実

20100331.jpg

新大阪駅に着いたら、まずは昼食。モダン焼き。

仕事が終わっての夕食は、業者の若手と一緒に串揚げを食べにいきました。で、カラオケへ・・・それでも10時過ぎにはホテルに帰れたので、疲れも残らず。

翌日は朝から作業立会いで、順調に進んだので平和な出張でした。

帰りはのぞみN700系。

20100331_2.jpg

Wi-Fiも使えて、なかなか快適でした。
posted by Lucky Penny at 23:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

帰国

3月21日より23日まで、2泊3日の強行軍で、長男と上海へ男二人旅してきました。

旅行の報告は、少しずつ書いていこうと思います。

今回の旅のテーマは、「くうき」。

「くうき」とは、一つは「食う気」、そして「空気」。

中学を卒業した長男に、日本以外の空気、雰囲気、言葉を体験させ、そして食事を通して逆に日本を再認識させる・・・って。

まあ、ゆっくり少しずつ思い出を振り返ってみますが、今後、親父との二人旅なんてすることもないだろうから、少しは長男の何かに響く経験になったのではないでしょうかね。
posted by Lucky Penny at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

歓送迎会

今月もまた、送別会そして歓迎会。

今回は、焼肉〜〜。

岩手牛の店で、たっぷりと食べて、飲みました。

いや〜美味しかった。
posted by Lucky Penny at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

マネジメント

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」という、ダイヤモンド社より出版されている、岩崎 夏海氏の著書を読みました。



今日買って来て、2時間位で一気に読みきってしまった。

P.F.ドラッカーの「マネジメント」に述べられているマネジメント手法を、都立高校の野球部に適用していくことをベースに話が進んでいくのですが、読みやすかった。

マネジメントの理論などは、すぐに企業経営等と枠を決めつけて考えてしまい、利用しようとする側が自分でハードルを上げてしまうものですが、この本は、そのハードルを、本当に身近に起こりそうな事に置き換えて物語としてくれてるので、共感しながらも、自分の視点をその時々で具体的にさせてくれるような感じがします。

あらためて、この物語の中で、女子マネージャー達が教科書のように参考にしたとされるP.F.ドラッカーの「マネジメント」をじっくりと読んでみようかと思わされました。



知り合いの会社では、この「もし高校野球の・・・」の本は、全管理職に読むようにと、指示が出たそうです。

あくまで物語ではありますが、2009年12月に初版が発行されて、私の購入したのが、2010年3月に刷られた第7版。売れてるんですね〜。

管理職のみならず、物事の考え方や、人を巻き込んで何かを成し遂げたいと思うような人、被管理職の方など、幅広くお奨めですね。

なぜ、被管理職にもお奨めかって?
管理される側も、興味をもってマネジメントの考え方を知っておくと、与えられるだけでなく、自己の目標管理をしっかり意識できるようになるためです・・・
posted by Lucky Penny at 22:02| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

カリフォルニアバーガー

マクドナルドの、Big Americaバーガーシリーズの第4弾「カリフォリニアバーガー」を食べました。

20100313.jpg

う〜ん、完璧に写真がダメダメですね〜。美味しそうに見えない。

あ、でも言い訳するならば・・・早く食べたくて、丁寧に手直ししてから写真を撮る気持ちの余裕がなかった。どんっ(衝撃)

パティは、Big Americaシリーズは共通で肉の甘みがする位に旨みを感じます。が・・・厳しく言うならば、本当にアメリカで食べるような、これぞハンバーガーっていう美味さには少し遠い気がします。

特に、今回食べた店が、写真でもわかるかもしれませんが、赤ワインベースのソースが一つのポイントなのに、ほとんどソースをかけ忘れたのではないかという位にちょっとで、肉の味はしたが、レタスやトマト、ベーコンの味はしたが・・・で?何が特徴?BLTバーガーのちょっと豪華版?って感じでした。

妻が一口食べて・・・「マクドナルドって、バーガーキングにはやっぱりかなわないね。」と、きつ〜い一言。

まあ、でも、美味しくいただきました。

このBig Americaのシリーズは、満足度は高いです。
posted by Lucky Penny at 22:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

プロの仕事とは

最近、「プロの仕事とは」を考える機会が多い。

以前から、常に自分が仕事をする上で、プロフェッショナルな意識を持ち、他者からもプロだと認めてもらうために何をすれば良いのかを考えてきた。

結論は、お金をもらってるからプロではなく、それにふさわしい価値を提供できてこそ、プロ。

仕事のやり方は人それぞれ。そのため、ある人から見るとすばらしいプロでも、他の人から見ると素人と同じ・・・

自分は、働いている間は、自分がだれよりも優れたプロだと思えないと思う。だから、自分のやり方を自分で否定することからやってみることにしてる。自分の間違いを自分で追い込んで、それで新たな気付きや思い直しができれば、人に指摘されるよりも喜びがある。

自分に厳しく、でもそれは、自分に甘くする最高の手段だと。

どうして、今日はこんな事を書いているのか・・・

会社で、やっと一週間の仕事を問題なくこなしたぞって同僚とほっとして帰ろうとしたら、委託先からのあまりにもレベルの低いメールが入って来て、技術者に仕事を頼んでいるはずなのに、文面が素人というか、何が問題でどうするべきなのかの的がいくつも・・・

委託先と言っても、実は自分の本籍の後輩なので、それでそこの管理職の若手の育て方に・・・・ちょっといらだちを感じてしまった。

まあ、そういうメールも、そういう若手の技術のなさも、改善していく方向に一緒に導いてあげるのが・・・管理職としてのプロなんだろうなあって、自分に問いかけ。そう、モチベーションを砕かずに、より立派な技術屋にするために。

あ〜〜、でも、同じように一生懸命後継を育てようとしている同僚に今日会ったら、死にそうな顔してた・・・仕事がちょっと立て込んでいるらしい。会社のとある偉い人のわがまま?を直に受ける部署なので、大変そうだ・・・倒れなきゃいいが・・・プロであろうと無理をしすぎるのも禁物だ・・・心も体も健康であることも社会人としての一つのプロ意識かも。
posted by Lucky Penny at 22:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。