2010年01月13日

グローブ欲しい・・

仕事でいろいろとストレス溜まると、衝動買いしたくなる・・・

衝動買いの対象は、「子供のため」と言いながら野球道具。

でも、さすがに使えない物は買わないので、まあ無駄買いはしてないか。

今回欲しくなってしまっているのはグローブ。

今、次男が使ってるグローブも、ちょうど1年位使って、一番使いやすくなり始めているし、手入れも良いので、まだまだ使えます。

ということで、実際に買い換えるのではなく、購入する気持ちでグローブを選んでみることで、バーチャルな衝動買い気分で発散です。

グローブ好きの人達は、こだわりのブランド(メーカー)があるでしょう。

例えば、内野手の人達に絶大なる人気を誇るのは久保田スラッガー。
革にコーティング等がされていないため、使い込む程に手になじむ、「革が呼吸をしている」とまで言われる製品です。
オリジナルのグローブも作れるのでパーツ毎、色やデザインを選ぶことも可能・・・

外野手だと、ジームスっていうブランドも最近流行りらしい。
なんだか、ロゴがバットマンのような・・・という見た目だけのイメージしかない。実物をしっかり見たことがないので。

ハイゴールド(私のグローブはこれ)とか、ハタケヤマ、シュアプレイなどもマニアックなブランドですね。不動の人気はあります。

そして、一般的には、やはりミズノ。

次男はミズノのビクトリーステージというシリーズのオールラウンドモデルを使っていますが、外野手の彼には少し小さめになってきたか。が、外野手用モデルは、中学生でも手の小さな彼には、逆にさばきが悪くなりそうで、本人も「でかっ!」って言って、ショップで選ぶのを止めてました。

まあ、中学は今のグローブで良いってことだよ・・・

ミズノは、革はしっかりしてて良いのですが、コーティングがかなりされてるような気がします。そのため、手に馴染むまでしっかりと型付けを行い、愛情を注いで使い込まないと、変な形が付いたら、あららって感じになります。

次男と、色は何にする?ウェブ(網目の部分)のデザインは?、レースの通し方は?とか・・・シュミレーションしながら。

「買って貰えるのか?」と期待した次男には、「硬式やるなら、こうやってグローブもしっかりと良いもの選ばないとねえ。高校でも野球やるならね」って、期待を受け流して・・・まだ中1なので。笑

まあ、少なからず体がもっと大きくなって手がでかくなったら中学時代でも考えようかな。外野手用グローブを。
posted by Lucky Penny at 00:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 少年野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。